FunMaker[ファンメイカー]でホームページのコンテンツ編集でSEO対策をおこなう方法についての解説です。FunMakerのホームページは自動的に強力なSEO効果を発揮しますが、より詳細なSEO対策を施したい方のために、発展的な操作として手動でSEOの項目を設定する機能もご用意しています。基本操作を十分に使いこなせるようになったらこちらの機能にもチャレンジしてみましょう。

SEO対策項目

SEO対策の項目は各コンテンツの編集画面内にあります。デフォルトでは編集画面の一番下に配置してあります。
それではFunMakerで設定できる項目と役割について見ていきましょう。

SEO対策 - FunMaker[ファンメイカー]
title[ページタイトル]
Google等の検索結果に表示されるタイトル。全角30文字以内。検索して欲しい語句を入れる。
例:初期費用無料ホームページ作成サイト - FunMaker[ファンメイカー]
keywords[キーワード]
画面上には表示されない要素です。『,[半角カンマ]』で区切り、検索して欲しい語句を5語を目安に入力。入力した文字の後ろには基本設定で入力した文字が付きますので、重複しないように記載してください。
例:無料,ホームページ
description[抜粋]
Google等の検索結果に表示される他、ヘッダーにあるページの説明で表示されます。全角100文字が目安を目安とし、検索して欲しい全語句を入れるようにしましょう。
H1
ページタイトルを変更することができます。コードとしてはSEO効果が高いH1タグを使用することになりますので、SEO対策をかけたいキーワードを盛り込んだタイトルにするようにしましょう。
パンくずリスト
パンくずリストに表示されるコンテンツ名を変更することができます。コンテンツ名が長くて読みにくくなってしまう場合にはここに簡潔な名称を入れるようにしましょう。

慣れないうちはSEO対策項目は入力しなくても問題ありませんが慣れてきてSEOを意識するようになったら。これらの項目を入力することでより的確にコンテンツ内容を検索エンジンに伝えるようにしましょう。

コンテンツ編集におけるSEO対策の解説は以上です。