こちらでは初期費用無料ホームページ作成サイト - FunMaker[ファンメイカー]の発展操作の中のタグの編集、修正方法を解説します。
タグは記事[投稿]の目印機能で、グルーピング機能である分類で作成したまとまりを超えて一覧表示を作成したい時などに利用します。少々上級者向きの機能なので、タグを利用したいと思った際には、先ずは一度『分類』で代用できないか考えるようにしましょう。

タグの編集、修正画面の表示

管理画面HOME タグ | 初期費用無料ホームページ作成サイト - FunMaker

管理画面のHOMEに表示される『機能一覧』の中から、
発展操作 » タグ » 追加/編集
をクリックし、『タグ』の管理画面を表示します。

タグ 編集画面リンク | 初期費用無料ホームページ作成サイト - FunMaker

管理画面の右側に表示されるタグの一覧の中から、編集したいタグを探し、マウスのカーソルを持っていきます。
カーソルがそれぞれのタグの行[パネル]上に乗ると、
『編集』『クイック編集』『削除』『表示』
の4つのリンクが表示されますので、その中から、『編集』を選びクリックし、編集画面を開きます。

※:『クイック編集』をクリックすると、一覧画面のままで『名前』と『URL』を編集することができます。

タグの編集、修正

タグ 編集画面 | 初期費用無料ホームページ作成サイト - FunMaker

タグの編集画面には以下の4つの項目が表示されています。

①名前 (必須)
タグの一覧ページのタイトルやリンクテキストに利用されます。
②URL (必須)
半角英数字で入力します。SEO対策上は、『タグの名前』のローマ字入力がおすすめです。
③説明
タグの一覧が表示されるデザインでは、その一覧に、タグの説明として表示されます。
④画像
タグの一覧が表示されるデザインでは、その一覧に、タグの画像として表示されます。

『名前』と『URL』は必須項目ですが、他の項目に関しては必要に応じて選択・入力すれば良い項目です。
『説明』で行替えをしたいときには、行替えをしたい箇所に『
』を入れます。また最適な文字数は、表示形式によって変わってくるので、必ず一覧画面で表示のされ方を確認しながら入力しましょう。
また、『画像』を追加したい場合には、アップローダーによって画像を追加することができます。

タグ管理画面 画像アップローダー | 初期費用無料ホームページ作成サイト - FunMaker

サムネイル画像のテキストエリアの下にある『画像を追加』ボタンをクリックするとアップローダーが起動します。

タグ管理画面 画像 記事に挿入 | 初期費用無料ホームページ作成サイト - FunMaker

アップローダーの領域に画像ファイルをドロップするか、『ファイルを選択』ボタンをクリックしてご希望の画像ファイルを指定しましょう。また、メディアライブラリから画像を選択することも可能です。
画像をクリックして右下の『選択』ボタンをクリックすれば画像の指定は終了です。

各項目を入力、設定の上、下に表示される青い『更新』ボタンをクリックすれば、タグの内容が修正され、自動的にタグの一覧画面に戻ります。

タグのより詳細な設定

タグ管理画面 画像 記事に挿入 | 初期費用無料ホームページ作成サイト - FunMaker

タグにはSEO対策のためにより詳細な項目を設定することができます。
タグの編集画面下にあるグレーの『詳細設定項目を表示』ボタンをクリックすると、以下の詳細項目設定フィールドが表示されます。

タグ管理画面 画像 記事に挿入 | 初期費用無料ホームページ作成サイト - FunMaker
①名前(SEO対策用)
Google等の検索エンジンの検索結果に表示されるタイトル[title]です。対象のタグを検索して欲しいキーワードが全て含まれるようにしましょう。
②description
検索結果に表示される説明[description]部分になります。検索して欲しいキーワードを全て入れた、全角100文字以内の興味を持たれる文章にしましょう。
③keywords
検索して欲しいキーワード[keywords]を5語以内で、『,[半角カンマ]』で区切って入力します。利用者には表示されない、検索エンジンに提供するための情報です。

上の3項目を設定することで、対象のタグページのSEO効果は大きく上がり、集客力が増しますので、操作に慣れてきましたら是非利用するようにしましょう。

これで、基本操作におけるタグの編集、修正方法は終了です。タグの新規追加方法も大きくは変わりませんが、詳細は『タグの新規追加』をご覧下さい。
また、タグは記事の編集画面でも簡易的に追加することができますが、URLが日本語のままになってしまうので、記事の編集画面から追加した際には必ずタグの管理画面からURLの修正をするようにしましょう。