SEO対策を進める為にはホームページ内に定期的に記事(コンテンツ)を増やすことが重要です。 下記に記載するペースや記事内容の検討方法、文字数に沿って、記事を上げて下さい。

記事を上げるペースについて

検索順位の上がりやすさは、競合サイトの状態によって異なりますが、 まずは文章を書くことに馴染むよう、また、公開直後に積極的に記事を 増やすと効果的にSEO対策を進められますので機会を活かすよう、 半年後に明確な成果を上げることを目標として、下記のペースで記事を上げることを 推奨しています。
  • 最初の2週間 : 毎日1記事
  • ~1ヶ月間   : 週に4~5記事
  • ~6ヶ月間  : 週に3記事
  • 6ヶ月目以降 : 週に1~2記事

どこに記事を上げるか

SEO対策を効果的に進める為には複数ページの機能を活用して記事を作成することをお勧めしており、特に下記のまとまりにページ作成すると効果的です。
  1.  メニュー :提供しているサービスを個別ページとして作成して下さい。各サービス名でのSEO対策が行いやすくなります。
  2.  お客様の声:「口コミ」など、外部の評価を調べる検索は多く行われている傾向があります。利用シーンやニーズに関連する語句も記事内に組み込むようにして下さい。
  3.  ニュース :商品紹介、サービス紹介、キャンペーン情報などをアップして下さい。
  4.  ブログ :ニュースでアップできる内容がなくなってきた際には、ブログを作りましょう。ブログ内でジャンルを分ける機能がありますので、ジャンルを分けて作ると効果的です。

記事の内容の検討方法について

キーワードの選定

記事の内容はAIを使ってキーワードを選定することからスタートします。 AIでは検索欄に語句を入れると、取り掛かる優先度の高いものから順に 一覧で表示されます。 優先度が高く、業に関連する語句を選んで下さい。

文字数について

SEO対策の観点からは、1記事の文章量は800文字以上が良いとされています。 一方、あまり文章量が多くなりすぎると利用者も読むのが大変になり、結論まで読んでくれません。 日本人の平均読書速度は1分間に600文字程度なので、ストレスを受けない3分ほどで読める 1,800文字以内に調整し、コンテンツが長くなりすぎるようなら記事を分けましょう。

キーワードの出現率

SEO対策に有効な記事の作成では文中にキーワードがどのくらい使われているかの 出現頻度も重要です。 最も重要な語句は7%、次に重要な語句は5%、3番目に重要な語句は3%の出現頻度となるよう 調整します。 キーワードの出現率のチェックは人手では難しいので、FunMakerが無料提供している 便利なツールファンキーレイティングを活用しましょう。

画像について

検索エンジンも記事内で画像を適切に使用することを推奨しています。 画像も適切に使用することで記事の質を高めることに繋がりますので 最低限として、画像は1点、右上に入れるようにしましょう。 画像は画質の高いものを用意します。 画像カセットの「大」「中」「小」の切り替えを使うことで、表示サイズを 適切にするとともに、画像の容量が過度に大きくならないよう調整されますので、 表示速度も適切に設定されます。

より詳しく学びたい方へ

記事の書き方をより詳しく学びたい場合は、FunMakerのサイト内で『SEO対策のためのWebライティング実践講座』無料公開に掲載されていますのでご参照下さい。