FunMaker[ファンメイカー]では投稿した記事をFacebookに自動で投稿することができます。Facebookの企業ページをご利用の場合におすすめの機能で、FunMakerで記事を作成したことを通知するためにFacebookを開く手間が省けます。

Facebook連携機能の概要

Facebook連携機能を利用すると、FunMakerで作成した記事をFacebook上に自動投稿することができます。
Facebookに情報を載せることで、検索エンジンからの流入だけでなくSNS上からの情報拡散も狙え、より多くの人に見てもらう機会が広がりますので是非Facebook連携機能を有効活用するようにしましょう。

Facebook連携機能の申請方法

Facebook連携機能はFunMakerホームページ内の各種お申し込みフォーム内にある「機能・ツール」 >> 「対象サービス」から申請します。
Facebook連携機能のチェックボックスにチェックを入れ、「Facebook登録メールアドレス」にFacbookへのログインに使用するメールアドレスをご記入ください。
Facebookに投稿するという機能の特性上、Facebook上での設定が必要ですのでご利用になりたいFacebookのログイン情報を教えていただく必要があります。なお、パスワードにつきましてはセキュリティの関係上、別途メールからご連絡をお願い致します。

Facebook自動連携の設定

Facebook自動連携の設定は申請していただいた時に弊社でおこなっておりますが、設定内容を変更したい場合やFacebookのアカウント情報を教えたくないという場合は、ご自分で設定をする方法もございます。
ご自分で設定する場合にはまず、事前にFacebook for developer画面で開発者登録およびFacebookアプリIDの作成をお済ませください。

設定項目

Facebook連携機能の設定
アプリ名
アプリIDの作成で登録したアプリ名を入力します。
アプリID
アプリIDの作成で作成したアプリIDを入力します。
app secret
アプリIDの作成で作成したapp secretを入力します。
自動投稿のフォーマット
ここに入力した内容をもとにFacebookへの投稿メッセージを作成します。投稿前に変更は可能ですが、定型化したメッセージを投稿したい場合には入力するようにしましょう。
ここで使える特殊な書き方として{BLOG_TITLE}と入力するとサイト名が投稿メッセージに表示され、{POST_TITLE}と入力すると記事のタイトルが表示されます。
Facebook連携機能の有効化
「無効」に設定することでFacebook連携機能の利用をやめることができます。「有効」に戻すとFacebook連携機能の利用が再開されます。

すべての項目を入力し、「保存」を押すと「Facebook認証をおこなう」ボタンが表示されますので、このボタンから認証しFacebookとの連携を完了させてください。

Facebook連携機能の設定2

認証が完了すると投稿するFacebookページが選択できるようになります。自分のプロフィールページではなく、お持ちの会社ページなどに投稿したい場合はここで選択します。

Facebook連携機能の設定3

Facebook連携機能の利用方法

ここまで設定が完了しましたら、Facebook連携機能が利用できるようになります。
記事の編集画面を開くと「Facebook連携機能」という項目が表示されるようになっているのでここから利用します。

Facebook連携機能の利用方法

通常は「記事公開時にFacebookへの自動投稿」が「投稿しない」になっていますので、Facebookへ投稿したい記事の場合には「投稿する」を選択します。

Facebook連携機能の利用方法2

「投稿する」を選択すると「Facebookへの投稿メッセージ」が表示されますので、ここにFacebook上に表示するメッセージを入力します。
このメッセージ内に{BLOG_TITLE}と入力するとサイト名、{POST_TITLE}と入力すると記事のタイトルが投稿されたメッセージ上には表示されますので、サイト名や記事のタイトルを表示したい場合にはご利用ください。
初期表示のメッセージを変えたい場合には上記「Facebook連携機能の設定」をご覧ください。

実際にFacebook連携機能を使ってFacebookに投稿したイメージが以下の画像です。

Facebook上での表示

Facebook連携機能の利用方法4

管理画面上での表示

Facebook連携機能の利用方法3

Facebook連携機能の解説については以上です。